松谷直也|BANDE事典

松谷直也


松谷 直也(まつたに なおや、1993年〈平成5年〉9月13日) 現プレーヤー。愛媛県松山市出身。ポジションはディフェンダー、センターバック。

松谷直也

FCfasciner戦、勝利後恒例の集合写真(中央右下)

名前
カタカナマツタニ ナオヤ
ラテン語MATUTANI Naoya
基本情報
国籍日本
生年月日1993年9月13日
出身地愛媛県松山市
身長177cm
体重70kg
選手情報
在籍チームFC.BANDELIE
ポジションCB
背番号2
利き足
ユース
2005-2008愛媛県立松山北高等学校サッカー部
クラブ
2012-2016愛媛大学サッカー部
2018-現在FC.BANDELIE

 

来歴


生い立ち
愛媛県松山市出身。母が画数がちょうどいいからと「直也」と命名。

幼稚園の頃から友達とサッカー三昧で、小学校3年生の時に本格的にサッカーを始める。浮穴サッカースポーツ少年団、麻生FCを経て地元の進学校松山北高校のサッカー部に入部。1年生からレギュラーとしてプレーした。

当時は監督から「スーパー1年生」と評され全国高校サッカー選手権大会にも出場。その後大学進学時は一度サッカーから遠ざかることも考えたが、サッカー愛を捨て切れずサッカー部に入部。創立初めて3.4年と2年連続でキャプテンを努める。

社会人になってからは2年程サッカーとは無縁だったが、仕事の付き合いで始めたフットサルをやるうちにサッカーへの思いが強くなり、2018年3月FC.BANDELIEに加入。現在にいたる。

 

麻生FCジュニアユース
小学生卒業と同時に地元のクラブチーム麻生FCジュニアユースに加入。練習グラウンドは1度雨が降ると2週間水溜りが無くならない・コートの端から端までスローイングで届く・監督はバレー部出身など決して恵まれたものでは無かったが、当時のコーチ(元プロサッカー選手大久保嘉人と共に国見高校で3冠を達成した時の右ウィンガー)の指導の元メキメキ上達。

2年生の時には愛媛県ジュニアユース選手権大会で初めて優勝する。3年生の時には一番練習に参加しているという理由でキャプテンに任命され、個性豊かなメンバーをまとめていた。

 

愛媛県立松山北高等学校サッカー部
松谷直也②
高校入学と共に松山北高等学校サッカー部に入部。1年生の冬の選手権予選1ヶ月前同ポジションの先輩が怪我をし、なぜかそれまでメンバーにも入れずスタントで応援していたにも関わらず、スタメン要員として抜擢。そこから1ヶ月間当時のコーチ(平成元年高校サッカー選手権大会優勝を果たした南宇和高校サッカー部キャプテン)から鬼の様な指導を受ける。

結果として1年生ながらスタメンとして全試合フル出場を果たし、愛媛県予選優勝に貢献。本選出場を果たす。優勝監督インタビューで「スーパー1年生」と評されゲキサカでも記事になる。

 

プレースタイル


センターバックを本職とし、守備の要として身体を張ったプレーが持ち味。危機察知能力に優れ素早い判断で相手の攻撃の芽を摘む。常にチームを鼓舞し続ける情熱型センターバック。
セットプレー時には身体能力を生かし攻撃に参加。守備の選手ながら得点も奪うことが出来る。

 

エピソード


実は小学生の頃はフォワードで生粋の点取り屋だったが、中学生の時いきなりコーチに今日からセンターバックと言われてポジションチェンジ。
同時にキーパーの練習もする様になりキーパーとしての出場経験もあり。この経験が無ければBANDELIEのメンバーとして松谷直也は存在してなかったかもしれない。

以前テレビ局の営業マンとして接待まみれの生活を送っていた経験からBANDELIEの飲み会番長としての地位を確立しつつある。飲み会での特技は送りバント(笑)

 

所属クラブ


ユース

  • 浮穴SSS
  • 麻生FC
  • 松山北高等学校サッカー部
  • 愛媛大学サッカー部

社会人

  • FC.BANDELIE

タイトル

麻生FC
・愛媛県ジュニアユース選手権大会優勝

松山北高等学校サッカー部
・全国高校サッカー選手権大会出場

愛媛大学サッカー部
・総理大臣杯出場

関連項目

選手権愛媛県大会優勝 ゲキサカ ①
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?61482-45596-fl

松谷直也 プロフィール

外部リンク

松谷直也 Facebook
松谷直也 Instagram
松谷直也 Twitter